真宗興正派 本山 興正寺

真宗教団連合発行の法語カレンダー、ご覧になったことがありますでしょうか?
毎月一つの法語から真宗興正派・本山布教使の方々にお話を頂く今月の法話です。

合  掌


「帰ってゆくべき世界」とは、浄土教において弥陀の浄土のことです。そこへ往(い)き生(うま)れることを往生浄土といいます。

そして、一般的に、再びこの娑婆世界に帰って来て衆生を救うと説いているのが、浄土真宗の教義です。また、その浄土に往生するための条件として、念仏の信心が必要であると教えられます。

 また「今遇う光によって知らされる」との言葉は、仏教では、その教えを光に喩えています。ですから、今遇っている“教え”によって往(い)き先が決まるのである、との意味であります。

 ところで、以上のような理解は、一般的な浄土真宗において間違いではありません。しかし、観念的な感じがします。
 そこで親鸞聖人の教え、すなわち“念仏の信心”というものが、現実生活の中で、どのように影響を与えるのかを考えてみたいと思います。

 まず念仏とは“南無阿弥陀仏”と称えることです。その称えている人の心、すなわち“信心”はどうなっているのかということです。
 親鸞聖人は、“智慧の念仏”、“信心の智慧”と述べておられます。つまり、人生においてこの智慧があるのとないのとでは大きな違いがあるのです。

 私たちは毎日、いろいろな事を考えながら生活しています。しかし、その考えがすべて自分の都合に立っているものです。ですから、私たちの考えていることは、自我の心からでている身勝手な考えといえます。しかし、それに気付くことが智慧です。智慧は、教えられないと気付くことができません。その気付いた心を“信心の智慧”というのです。

 気付いた人は、その考え方を反省すると同時に、自分の力だけで生きているのではないということ、つまり、多くのものに支えられて今があるという“おかげさま”の世界が解(わ)かってきます。そうすれば毎日の生活が“あたりまえ”ではなく、“おかげさま”に転じて“有り難い”とのよろこびが出てくるのです。よろこび、感謝、おかげさまの心で生活できるということです。これが“念仏の智慧”、“信心の智慧”の世界といえます。

 しかし、この身勝手な心に気付かずに生活をしていると、仏さまにお参りする時、頼みごとをしてしまいます。その頼んでいることは、すべて自分のことばかりです。
 そのような心は、信心と呼べません。だから、気付く心と気付かない心では、大きな違いがあるのです。

 親鸞聖人の念仏の信心というのは、この智慧が生活の中に生きてはたらくということです。法語の「今遇う光によって知らされる」ということは、今を精一杯に生きる智慧が心にひらかれるということです。そうすれば、先のことはそんなに心配しなくても、おのずと道は開かれてくることでしょう。
 
智慧ある人、すなわち信心の人は、よろこび、感謝、おかげさまの心で今日を生きることができます。智慧なき人は、不平、不満、愚痴の生活になってしまいます。よくよく考えてみたいものです。



本山布教使 川田信五
(香川県 大信寺) 

                            

戻る