真宗興正派 本山 興正寺

真宗教団連合発行の法語カレンダー、ご覧になったことがありますでしょうか?
毎月一つの法語から真宗興正派・本山布教使の方々にお話を頂く今月の法話です。

合  掌


深い悲しみ 苦しみを通してのみ 見えてくる世界がある
     平野恵子『子どもたちよ、ありがとう』

 平野恵子さんは、岐阜県高山市にある浄土真宗のお寺の坊守(住職の妻)で、3人の子どもたちの母親でもありました。彼女が39歳であった年の暮、新年を迎える準備をしていた時、下腹部の激痛に襲われ、大量に下血しました。ただならぬ病気であることをさとった彼女は、涙ながらに覚悟をしました。
 この目の前の現実は、夢でもなく、幻でもない。間違いのない現実なのだから、決して逃げる訳にはゆかない。きちんと見据えて対処してゆかなければ・・・

 彼女は、癌の告知を受けた後、何度も何度も胸底で、ご主人に対して、子どもたちに対して、「ごめんね、ごめんね」と繰り返したといいます。

 いのちの瀬戸際から絞り出された「ごめんね」の世界から、3人の子どもたちへ、お母さんからの最後の願いが記されていくのです。

 お母さんの病気が、やがて訪れるだろう死が、あなた達の心に与える悲しみ、苦しみの深さを思う時、申し訳なくて、つらくて、ただ涙があふれます。でも、事実は、どうしようもないのです。こんな病気のお母さんが、あなた達にしてあげれること、それは、死の瞬間まで、「お母さん」でいることです。


 そして彼女は、いのちを終えるその時まで、「お母さん」でいるために「してあげられること」を記していきます。

 元気でいられる間は、御飯を作り、洗濯をして、できるだけ普通の母親でいること、徐々に動けなくなったら、素直に動けないからと頼むこと、そして、苦しい時は、ありのままに苦しむこと、それがお母さんにできる精一杯のことなのです。そして、死は、多分、それがお母さんからあなた達への最後の贈り物になるはずです。


 いのちの瀬戸際から絞り出された「ごめんね」の世界は、お母さんから子どもたちへ、死を「贈り物」とする世界を開いてゆきます。その「贈り物」は、子どもたちに、「深い悲しみ、苦しみを通してのみ、見えてくる世界があること」を教えてくれるのです。

 人生には、無駄なことは、何ひとつありません。お母さんの病気も、死も、あなた達にとって、何一つ無駄なこと、損なこととはならないはずです。大きな悲しみ、苦しみの中には、必ずそれと同じくらいのいや、それ以上に大きな喜びと幸福が、隠されているものなのです。子どもたちよ、どうかそのことを忘れないでください。
 たとえ、その時は、抱えきれないほどの悲しみであっても、いつか、それが人生の喜びに変わる時が、きっと訪れます。深い悲しみ、苦しみを通してのみ、見えてくる世界があることを忘れないでください。そして、悲しむ自分を、苦しむ自分を、そっくりそのまま支えていてくださる大地のあることに気付いて下さい。それがお母さんの心からの願いなのですから。

 お母さんの子どもに生まれてくれて、ありがとう。本当に本当に、ありがとう。あなた達のお陰で、母親になることができました。親であることの喜び、親の御恩の深さも知ることができました。そして、何よりも、人として育てられる尊さを知りました。あなた達のお陰で、とても、にぎやかで楽しい人生でした。

 “無量寿=いのち”とは、すなわち限りない願いの世界なのです。そして、すべての生きものは、その深い“いのちのねがい”に支えられてのみ生きてゆけるのです。だからお母さんも、今まで以上にあなた達の近くに寄り添っているといえるのです。



「そっくりそのまま支えていてくださる大地」。それは、苦しい時も、悲しい時も、私のいのちをそのまま支えてくださる「無量なる願いの世界」です。

 平野恵子さんは、教えて下さいました。「無量なる願いの世界」は、「ごめんね」の世界であり、「ありがとう」の世界であることを。
私たちは、苦しみに出会いたくありません。悲しみに出会いたくありません。しかし、苦しみから、悲しみから開かれてくる世界のあることを平野恵子さんは教えて下さいました。

 親鸞聖人は、「無量なる願い」を「無量寿如来」と呼んでいかれます。「無量寿」という仏のいのちを頂くということ、それは、苦しみに、悲しみに触れて初めて漏れ出る「ごめんね」、「ありがとう」のいのちを歩むということではないでしょうか。

合 掌



本山布教使 北岑大至
(福井県浄信寺) 

                            

戻る