興正寺の沿革

 興正寺(こうしょうじ)は、親鸞聖人(1173~1262)を開祖とする真宗興正派の本山です。興正寺の創建は鎌倉時代にさかのぼります。承元の法難(建永の法難)により越後国(新潟県)へと配流された親鸞聖人が、建暦元年(1211)に勅免をうけた後、翌建暦2年(1212)に京都へと一時帰洛して、山科の地に一宇を草創したことに始まります。興正寺という寺号は、順徳天皇(1197~1242)によって名づけられたと伝えられ、日本に仏教をひろめた聖徳太子の事績にちなみ「正しき法を興し、さかえさす」(正法を興隆する)との願いが込められています。

 

 第7世了源上人(1295~1336)の時代に寺基を山科から京都東山の渋谷へと移し、寺号も佛光寺と改めます。佛光寺の寺号は、御本尊の阿弥陀如来像が光明を放ったという霊験にもとづき後醍醐天皇(1288~1339)から賜ったと伝えられています。佛光寺の教勢は飛躍的に拡大し隆盛を極めます。

 

 室町時代、第14世蓮教上人(1451~1492)は、本願寺の蓮如上人(1415~1499)と歩みを共にし、佛光寺を弟に譲り、再び山科の地に多くの門徒と共に興正寺を再建することになりました。その後は本願寺と歩調を合わせ、度重なる移転にも常に行動を同じくしています。

 

 第17世顕尊上人(1564~1599)の時代であった天正19年(1591)に、興正寺は本願寺とともに現在の京都堀川七条の地へ寺基を移します。お堂が隣接して建てられているのも本願寺との深い関係を示しています。

 

 一方、江戸時代を通じて興正寺は西本願寺の末寺でしたが、本山として独立しようとする気運も根強く、第27世本寂上人(1808~1877)の時代であった明治9年(1876)に一派本山として独立を果たしました。

 

 明治35年(1902)、興正寺は火災によって、いわゆる「ひとつ御堂」と称せられた本堂をはじめほとんどの堂舎を失います。残されたのは鐘楼(1774年建立)や経蔵(1848年建立)などわずかな建造物だけでした。翌年に再建の議が決し、明治45年(1912)に御影堂が、大正4年(1915)に阿弥陀堂が完成しました。


 多くの変遷を経ながらも「正法を興隆する」という願いのもと興正寺の歩みは続けられています。

御堂上棟 御堂上棟

阿弥陀堂再建 阿弥陀堂再建

興正寺一つ御堂境内図 興正寺一つ御堂境内図

興正寺の歴代

宗祖 親鸞聖人   承安3年(1173)~弘長2年(1263)
第2世 真仏上人   承元3年(1209)~正嘉2年(1258)
第3世 源海上人   文治3年(1189)~弘安元年(1278)
第4世 了海上人 花徳院 延応元年(1239)~元応2年(1320)
第5世 誓海上人 法仙院 文永3年(1266)~正和5年(1316)
第6世 明光上人 平等心院 弘安9年(1286)~正平8年(1353)
第7世 了源上人 花山院 永仁3年(1295)~延元元年(1336)
第8世 源鸞上人 清浄光院 元応元年(1319)~正平2年(1347)
第9世 了明尼公 無上上院 永仁2年(1294)~天授2年(1376)
第10世 源讃上人 即成就院 元享2年(1322)~応永7年(1400)
第11世 性曇上人 真解脱院 正平23年(1368)~永享10年(1438)
第12世 性善上人 無礙光院 応永34年(1427)~文明元年(1469)
第13世 光教上人 無量寿院 永享2年(1430)~文亀3年(1503)
第14世 蓮教上人 願乗院 宝徳3年(1451)~延徳4年(1492)
第15世 蓮秀上人 快楽音院 文明13年(1481)~天文21年(1552)
第16世 証秀上人 願楽院 天文4年(1535)~永禄11年(1568)
第17世 顕尊上人 往還院 永禄7年(1564)~慶長4年(1599)
第18世 准尊上人 不退院 天正13年(1585)~元和8年(1622)
第19世 准秀上人 寂静院 慶長12年(1607)~万治3年(1660)
第20世 良尊上人 受楽院 寛永8年(1631)~延宝8年(1680)
第21世 寂岷上人 能信院 寛文12年(1672)~元禄2年(1689)
第22世 寂永上人 遠慶院 寛文11年(1671)~宝暦4年(1754)
第23世 寂聴上人 慶縁院 元禄15年(1702)~天明7年(1787)
第24世 法高上人 平等心院 元文2年(1737)~寛政7年(1795)
第25世 真恕上人 大悲心院 寛政3年(1791)~文化9年(1812)
第26世 本誓上人 広大寛院 文化9年(1812)~天保3年(1832)
第27世 本寂上人 大慶喜心院 文化8年(1808)~明治10年(1877)
第28世 本常上人 恭敬心院 嘉永5年(1852)~大正元年(1912)
第29世 本昭上人 大菩提心院 明治17年(1884)~昭和50年(1975)
第30世 本賢上人   大正14年(1925)~
第31世 本顕上人   昭和32年(1957)~

 

PAGETOP